スタッフブログ

10月の美味しいお魚たち

2018年10月10日

ブログ画像 ブログ画像

未来館の図書コーナーには、鹿児島で獲れるお魚がずらっと並んだポスターがあります。そんな中、10月が旬のお魚を発見!カンパチ・バショウカジキ(秋太郎)・ハガツオ・ヤマトカマス等です。鹿児島はカンパチの生産量がなんと全国一位!刺身も良いですが、カンパチの漬けを利用した手巻き寿司にお茶漬けも美味しそうです。みなさんなら、どんなお魚料理にしますか?ぜひ教えてください。今夜の食卓は、お魚料理で決まり!ですね。

未来館サポーター養成講座 受講生募集中

2018年10月06日

かごしま環境未来館では、環境ボランティアの「未来館サポーター」さんが活躍しています。

案内の様子2 イベントの様子

未来館サポーターは、未来館サポーター養成講座を受講後、登録された方々で、お客様への展示案内やイベントのサポートを通じて環境に配慮した暮らしを広める活動をしています。

未来館サポーターに登録する前に、現在募集中の「未来館サポーター養成講座」で活動に必要な知識や技術を学ぶことができますので、環境に詳しくない方でも安心してチャレンジできます!現在、活動されているサポーターさんも、「未来館サポーターの活動を通じて、自分自身の学びにもつながる」、「来館者の方との出会いを楽しみながら活動している」ということでした。

ぜひ、一緒に環境未来館で活動してみませんか?

詳しくは、かごしま環境未来館ホームページ 「未来館サポーター募集!」をご覧ください。

 

10月の自由工作体験!

2018年10月04日

当館リユース・リサイクルショップ内にて自由工作体験のお知らせです。
10月度の自由工作体験は平成30年10月13日(土曜日)10月14日(日曜日)10月27日(土曜日)10月28日(日曜日)の4回開催します!
メニューは「牛乳パックでムクムクおばけを作ろう」です。10月はハロウィンですね★どんなおばけの絵を描こう★
ぜひ自由工作体験に遊びにきてください!参加料は無料です!
※材料が無くなり次第終了になりますのでご了承ください。
自由工作
 

 

「木を植えよう!100年後の景観づくり」開催レポート

2018年10月03日

平成30年9月22日(土曜日)に株式会社桂造園さんの運営で開催された「木を植えよう!100年後の景観づくり」の開催レポートです。
下の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

開催レポート

いつまでさなぎ?のつづき

2018年09月29日

monki-youtyuu

前回、2018年8月4日に「いつまでさなぎ?」という記事を書きました。
6月月間企画展のモンキアゲハ君(画像右下に居ます)が7月31日に蝶になりました!というものでした。
その時点でまだ居残りしていた「さなぎ2号」。

monki-sanagi

9月2日は上半分がなんだか黒いねと言っていたのが→9月4日朝には全部黒くなりました。
中身が透けている感じ。
明日あたり蝶になるかもねーなんてのんきに構えていましたら。。。

monki-uka

気が付いた時には蝶でした。油断して、誰もその瞬間は見てないのです。残念。
でも、無事に蝶になって安心しました。これで未来館で育てた子は全員巣立ちました。
小さな命だけど、私たちにたくさんの驚きや感動を与えてくれました。
こんな出会いをくれた蝶のお母さんにも「ありがとう」を言いたいです。
今度はこの子が命をつないでくれることを祈りつつ、外へ放しました。

monki-tobu

「はじめてのいけばな・茶の湯体験!」開催レポート

2018年09月28日

平成30年9月16日(日曜日)に健康な「人・まち・心」をつくる会さんの運営で開催された「はじめてのいけばな・茶の湯体験!」の開催レポートです。
下の画像をクリックすると、PDFファイルが開きます。

開催レポート

秋の訪れ2

2018年09月27日

綺麗な花が秋の訪れを知らせています。

ヒガンバナ

未来館の敷地内に生えていた彼岸花です。この花は、夏終盤から秋の初めにかけて花を咲かせます。写真を撮影した日は、まだ蒸し暑かったのですが、身近な所から秋の訪れを感じました。本格的な秋が来るのが楽しみです。

※記事作成(平成30年9月20日)・・・鹿児島大学水産学部 博物館実習生KY

秋の訪れ

2018年09月26日

9月に入りまだまだ残暑も厳しいですが、朝夕は少しだけ過ごしやすくなったように思います。未来館は緑化率が約70%といわれるほど緑の多い施設です。季節ごとに咲く花も楽しむことができます。ある日、未来館の敷地を散策すると秋桜、彼岸花を発見。そしてフジバカマ(ユーパトリウム)まで発見。フジバカマは、平安時代には防虫剤や芳香剤、お茶として利用されていたもので、現在、原種は環境省のレッドリストの準絶滅危惧種に指定されています。いつの間にか咲いていた植物たちが秋の訪れを教えてくれていました。

 フジバカマ 秋桜

 彼岸花 フジバカマ

 

9月の虫たち

2018年09月24日

未来館の周りにいた虫たちの紹介をします。

まずは、モンキアゲハです。ヒガンバナなど咲いている花の上を楽しそうに飛び回っていました。

モンキアゲハ

次に、ウスバキトンボです。今の時期、未来館の周りをこのトンボがたくさん飛んでいます。

ウスバキトンボ

小雨の降る中でしたが、どの虫も元気いっぱいでした。未来館の周りにはたくさんの木や花が生えているので、虫たちも遊びに来てくれます。

晴れの日にはもっとたくさんの生き物が見られると思うので、ぜひ未来館に遊びに来て探してみてください!

※記事作成(平成30年9月20日)・・・鹿児島大学水産学部 博物館実習生AY

※広報誌「未来館だより40号 特集ページ『虫(むし)せず 虫目(ちゅうもく)!虫の世界』」の紙面でも昆虫が見られます。ぜひ、ご覧ください。

「食卓を豊かにする!食品添加物などの食べ物のお話」開催レポート

2018年09月22日

平成30年9月9日(日曜日)にやさい村さんの運営で開催された「食卓を豊かにする!食品添加物などの食べ物のお話」の開催レポートです。
下の画像をクリックすると、PDFファイルが開きます。

開催レポート