かごしま環境未来館

更新日:2020年08月12日

8月も中旬となりますが、暑い日が続いています。
散歩をしているとひまわりの花と出会うことも増えました。夏の花の代表と言えばひまわりを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

ひまわりの花とミツバチ

ひまわりの花にミツバチがとまっています。

ミツバチといえば甘くておいしいハチミツを作ってくれますね!それ以外にも植物の花粉を運んで受粉のサポートしてくれています。私たちがおいしい果物や野菜を食べることができるのは、ミツバチのおかげかも知れません。

しかし、ミツバチの数が減ってしまっているのはご存知でしょうか?

ミツバチについての未来館展示

未来館のゾーン3にはミツバチについて書かれているパネルがあります。
「よく見かける光景」があたり前ではなくなる日がくるかもしれません。私たちの生活には関係のないように思いますが、ミツバチの数が減ってしまうと、私たちの食べ物の問題につながってきます。

ミツバチだけに限らず、全ての生きものは素晴らしいバランスのうえで自然の中で役割を果たしながら存在しています。

あたり前の様にそこにある植物や生きものについて、私たちとのつながりを少し考えてみませんか?