施設(多目的ホール、研修室、食工房等)の貸し出しについて

 施設(多目的ホール、研修室、食工房等)の貸し出しについて

かごしま環境未来館は、環境学習や環境情報の発信、環境活動の輪を広げていくための拠点施設です。
施設の利用につきましては、環境に関する学習会の開催など、館の趣旨に添うものに限ります。

貸出の流れ

  1. 仮予約
     利用日の3か月前の1日から、
    仮予約を受け付けます。
     電話又は未来館窓口で、利用ご希望施設の空き状況をご確認ください。
     申請内容について審査を行いますので、使用目的等をお知らせください。使用目的によっては使用を許可しない場合があります。
     
  2. 使用許可申請書の提出
     仮予約後、利用前日までの間に、申請書をご提出ください。
     外部から参加・出席者を募る催しにつきましては、企画書等(簡易なもので可)の添付をお願いいたします。
     使用許可申請書:PDF版Word版
     提出先:未来館窓口、FAX(099-806-8000)、e-mail(メールアドレス
     
  3. 使用料の支払い
     使用料は使用当日にお支払ください。お手数ですが、おつりのないように準備をお願いします。

施設利用について案内チラシ(PDFファイル)

施設利用料及び利用時間

施設名 定員 利用料金
9時30分~13時 13時~17時 17時~21時
(日・祝除く)
多目的ホール1 100 1,400円 2,800円(※) 1,700円 3,400円(※) 1,700円 3,400円(※)
多目的ホール2 100 1,400円 1,700円 1,700円
研修室1 40 500円 1,000円(※) 600円 1,200円(※) 600円 1,200円(※)
研修室2 40 500円 600円 600円
食工房 30 1,100円 1,300円 1,300円

※仕切らずに1部屋として使用する場合

サイト内リンク(多目的ホール・研修室・食工房)

使用料の減免の対象者等 (〔 〕内は使用料の取扱)

  • 環境未来館登録団体による利用 〔1月に4回の利用まで免除〕
  • 身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、医療特別手当証書、特別手当証書、原子爆弾小頭症手当証書、健康管理手当証書若しくは保健手当証書の交付を受けている方による利用(各種手帳等の提示が必要) 〔50%減額〕
  • 市内の障害者の団体による利用 〔50%減額〕
  • 市内の保育所、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、大学等の行事 〔50%減額〕
  • 市が共催する行事(循環型社会の構築に寄与する行事に限る) 〔30%減額〕

 

使用料の減免の詳細については、かごしま環境未来館条例施行規則第13条をご確認ください。

 かごしま環境未来館条例施行規則第13条へのリンク

 減免申請書: PDF版 、 WORD版

その他、詳しくは、お問い合せください。

附属設備等

多目的ホール及び研修室の主な附属設備は次のとおりです。
マイク、DVD/BDプレイヤー、CDプレイヤー(以上、多目的ホールのみ) ・ プロジェクター ・ ノートパソコン

利用上の注意

  • 当館は、市の環境学習施設ですので、環境の切り口を含まない催しなどには使用できません。 (例:営利活動・企業の社内会議・勧誘活動・宗教活動など)
  • 催しの参加者から参加料を徴収する場合は、材料費等の実費相当分の範囲内に収めてください。
    参加料の上限を、参加者一人につき1,000円とします。
  • 催物のポスター、チラシの作成及び参加者への連絡などは、必ず使用許可がなされたことを確認してから行ってください。
    未確認でこれらの行為をされた場合の損害について、当館は一切の責任を負いません。
  • 催物の広報を行う際は、主催者の連絡先を掲載するようお願いします。
  • 許可無く物品の展示・販売又はこれらに類する行為はできません。
  • 使用時間には、準備・後片付けに要する時間も含まれます。なお、使用時間帯を超えた場合は超過料金が発生します。
  • 机・椅子の設営は、利用者で行ってください。使用後は、必ず元通りに戻してください。
  • 駐車台数に限りがありますので、できるだけ公共交通機関をご利用いただくようお願いします。また、催物のポスター等にも、公共交通機関の利用をお願いする旨を記載してください。
  • 催物により多くの来場者が見込まれる場合は、駐車場整理をお願いします。
  • キャンセルや変更等が生じた場合は、速やかにご連絡ください。
     

お問合せ先

電話 099-806-6666

※PDFファイル形式のファイルを御覧いただくには、Adobe社のAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerは、同社のホームページから無償で配布されていますので
バナーのリンク先からダウンロードしてください。