スタッフブログ

未来館のメダカ

2016年05月03日

かごしま環境未来館1階のリユース・リサイクルショップ内休憩スペースには、メダカの水槽があり、たくさんのメダカが元気に泳いでいます。

ブログ写真

春を迎え、心地良い陽気とともに水温もあたたかくなってきたので、メスのメダカがしばしば産卵を行っています。
メスのお腹についた、あるいは水草に産み付けられた卵は大切に保護しており、現在水槽横のコップの中では卵、その横のプラケースの中では生まれた赤ちゃんを見ることができます♪

ブログ写真 ブログ写真

実は水槽の中には、過去に未来館で生まれて成長した個体もいます!
ショップや休憩スペーススペースにお越しの際は、是非メダカの水槽も覗いてみてくださいね。

自然界のきれいな模様

2016年04月27日

先日、講座の打ち合わせで浜辺に行くことがありました。

そこで見つけたきれいな模様の貝殻!
画像
「タコノマクラ」という、ウニの仲間の貝殻だそうです。自然とこのような模様が形成されるとは!まるでお花のようですね。

自然界が元気になるこの季節。他にもきれいな模様の生き物や、見入るような鮮やかな色の植物など、探してみてはいかがでしょうか。

自転車でおでかけ

2016年04月24日

5月の連休を前に、おでかけの予定はありますか?暖かく軽装で過ごせる季節の5月。今こそ自転車ででかけるのにぴったりです。自転車は自分のエネルギーで動かすため、二酸化炭素の出ない環境への負荷が少ない乗り物です。未来館の「かごりん」ポートも多くの利用者をみかけます。ぜひお休みに自転車に乗って出かけませんか?

自転車 かごりん

春の風物詩“藤の花”

2016年04月20日

春の訪れを告げる桜が散り、出番を待っていたように藤の花が咲き始めました。
未来館、春の風物詩の一つです。

ブログ ブログ

春風にそよぐ藤と一緒に香りが届きます♪

ブログ ブログ

まだ幼い葉っぱやつぼみもあり、しばらく楽しめそうです!

ブログ ブログ

春の暖かい日に、お散歩がてら是非お立ち寄りください!

甲突川の魚たち

2016年04月16日

新緑が美しい季節となり、自然を求めて山や川に出かけるのが楽しい時期になりましたね♪未来館の玄関にある大きな水槽の魚たちからも、自然の木々や生き物と同じように季節の変化を感じとることができます。水槽には、未来館の前を流れる甲突川にすむ生き物たちを飼育しています。その中に、オイカワとカワムツというよく似た魚が泳いでいます。冬の間は、体の色がほとんど同じでなかなか区別がつきませんでしたが、4月になってずいぶんと鮮やかな色に変わり、見分けやすくなりました。オイカワは緑に赤の縞ラインがあり、特にオスは色鮮やかできれいです。カワムツには体の横に1本の黒い線がくっきりと現れています。魚たちはこれから繁殖の季節のようです。暖かくなってお腹もよくすくのか、最近は水槽の中に生えるコケをせわしなく食べる様子も見られます。

水槽の魚 水槽の魚

甲突川の魚といえば、平成28年5月15日(日曜日)に未来館の前を流れる甲突川にて、講座「甲突川のいきものウォッチング」を開催します。甲突川に棲む魚などの生き物を観察しながら、季節の変化や自然のことについて一緒に考えてみませんか?新しい発見がいろいろあるかもしれません♪「甲突川のいきものウォッチング」講座チラシへのリンク(PDFファイル)

雑誌の新刊本到着

2016年04月13日

ナショナルジオグラフィック・ニュートン・ソトコトの新刊本が到着しました!本の紹介を少しすると、今回のナショナル・ジオグラフィックは、「剥製」についての記事があって、なんと従来の剥製の作り方とは全く違う作り方なんです。そこにある秘密とは!?ニュートンは「宇宙を支配する力」について、4つの力を解説しています。ソトコトは、「地方の働き方」です。地方の働き方、地方だからこその働き方が見えてくるかもしれません。手続きが終わり次第、図書コーナーに配架しますので、しばらくお待ちください。

ブログ画像

干し野菜作り紹介

2016年04月06日

平成28年3月27日(月曜日)に、「干し野菜作り紹介&乾物クッキング」の講座を開催しました。
講師は、自身で作っている野菜を普段から干し野菜にして活用している東 大士丸(ひがし たしまる)先生(NPO法人かごしま市民環境会議)。
講座では東先生の手作り干し大根や干し人参の他、干し椎茸、イリコ等の乾物を使いました。
乾物を使うと、調理の時のごみが少なく、切る作業も少ないというメリットもあります。

メニューは、乾物混ぜ寿司、いりこかき揚げ、芋団子の吸い物、切り干し大根サラダでした。

料理

野菜を干すことで、栄養、うま味、食感などが強化されたり、保存期間が長くなるなどのメリットがあります。
干し野菜は、旬の時期やたくさん獲れて価格の安い時期に安心・安全な野菜を使って作るのがおススメです。
講座の中では、干し野菜の作り方も紹介してもらいました。

例えば、大根、人参を、長さ5センチ、幅5ミリぐらいの拍子木切りにしたものをザルか、網かごにいれ、日当たりのよい、風通しの良い場所でカラカラに乾かします。(夕方には、室内に取り込みます。)

干し始め

日向ぼっこを繰り返して、カラカラに乾いたらビニール袋に入れ、冷蔵庫で保存しておき、使う時に水で戻して使います。
戻し汁にも「うま味」がでていますので、お味噌汁などにお使いください。

干し大根

既に干し椎茸になっているものも、使う前に日向ぼっこさせるとビタミンDの量がアップするそうです。

食材を無駄なく、賢くいただく、1つの工夫として取り入れてみてはいかがでしょうか。

自然と仲よし!~ゲームで楽しむ環境のこと~

2016年04月03日

平成28年3月26日(土曜日)「自然と仲よし!~ゲームで楽しむ環境のこと~」の講座が開催されました。ゲームを通して身近な生きものや植物の環境とのつながりについて楽しみながら気付くことのできる講座でした。当日はぽかぽか陽気の中、未来館の周りの春探しを行い、外広場では鷹匠による実演も行われ、受講者のみなさん、スタッフも珍しい鷹を間近で見ることができ感動しました。飛んでくる姿はとってもかっこよかったです!

写真 写真

47 / 47« 先頭...102030...4344454647