剪定材でサンタとトナカイ作り

2019年12月04日

毎年12月に開催している地球温暖化防止月間企画展。
今年は「はじめようグリーンクリスマス」というテーマで、環境にやさしいクリスマスについてご紹介しています。
自然のものを活かしたり、不要になったものをリメイクしたりなど、もの作りを楽しんでいただけるプログラムを多数準備しています。

プログラムのひとつ「木の枝でサンタ&トナカイのオブジェ作り」では、鹿児島市四元町にある森を一般の方にも散策を楽しんでいただけるようにと手入れの際に出た剪定材を使います。
この剪定材の準備は、未来館講座の講師としてもお世話になっている齊野隆志先生にご協力いただきました。
senteizai
それぞれ形や太さ、色も違うのでユニークなサンタ&トナカイができそうです!
このプログラムは、企画展期間中の日曜のみで材料がなくなり次第終了となります。
詳しくは、地球温暖化防止月間企画展のページでご確認くださいね。