秋の訪れ

2018年09月26日

9月に入りまだまだ残暑も厳しいですが、朝夕は少しだけ過ごしやすくなったように思います。未来館は緑化率が約70%といわれるほど緑の多い施設です。季節ごとに咲く花も楽しむことができます。ある日、未来館の敷地を散策すると秋桜、彼岸花を発見。そしてフジバカマ(ユーパトリウム)まで発見。フジバカマは、平安時代には防虫剤や芳香剤、お茶として利用されていたもので、現在、原種は環境省のレッドリストの準絶滅危惧種に指定されています。いつの間にか咲いていた植物たちが秋の訪れを教えてくれていました。

 フジバカマ 秋桜

 彼岸花 フジバカマ