メタンハイドレートって何だろう

2017年10月11日

先日ブログで紹介しました「図書コーナーより新着本のお知らせ」の中に「科学者の話ってなんて面白いんだろう~メタンハイドレートの対論会場へようこそ」という本があります。メタンハイドレート、言葉は良く聞きますが、いったい何だろう?と思いませんか?豊富に存在する地下資源で「燃える氷」とも呼ばれ日本列島の海底には非常に多くの埋蔵量が存在します。太平洋側は砂層型、日本海側は表層型、と状態も異なるようです。まだ実用化はされていませんが、この分野での研究は日本が世界の最先端です。その最前線で研究をされている方々がわかり易く、しかし忌憚の無いお話を対論形式でされています。実用化が進めば日本は資源の豊富な国なのだと実感できる内容でもあります。貸出可能の本ですので、秋の夜長に読んでみられては如何でしょうか。

スタッフブログ スタッフブログ2