未来館のダンボールコンポスト

2017年07月19日

かごしま環境未来館では、館内で毎日出る茶殻や調理の講座で出る生ごみなどをダンボールコンポストで処理をしています。ダンボールコンポストの基材は、もみ殻燻炭とピートモスを合わせたものです。この中に生ごみを投入して混ぜるとコンポストの中で発生した菌が生ごみを分解してくれるのです。数か月経つとたい肥として活用することも出来るので、生ごみもりっぱな資源だと分かります。かごしま環境未来館ではダンボールコンポスト講座を開催しています。興味のある方は参加してみませんか?

写真  写真 

写真  写真